スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

026.jpg
2002年10月発売のミニモン12月号に掲載された作品。便秘で浣腸を使用した少女がその快感に目覚めて、エスカレートする様子をモノローグで綴った作品。わずか4ページという短編ながらその中に洋式トイレでの浣腸便、ベッドでの浣腸オナニー、街中でのおむつ排泄、 エネマシリンジ、アナルプラグでの学校での我慢、野外での立ち排泄、肛門のアップ、そしてM字開脚での浣腸待ちなどDASH作品の魅力が凝集された話。しかしながら、少女に名前が無いなどキャラの描写が薄いため感情胃移入がしづらいのが難点。それでも十分に魅力的なキャラクターではある。なお、おむつの柄が通常のトーンやニンジン柄などではなく、もみじのトーンを使ってるのが珍しい。

余談 この作品の存在はおぼろげながら記憶にあったが、年末年始の大掃除で本誌をみつけてようやく今回記事にできた。作品リストも少し更新しました。

続きを読む

スポンサーサイト

雑記


2011年も今日で終わりで、このブログを9月に始めてから4ヶ月ほど経過しました。アクセス数もそこそこあったのですが、これまでにコメントなどは一切無しというなかなか寒い結果に終わりました。閲覧してる層がDASH作品を最近知ってここに来たのか、あるいは昔好きだった、今でも好きなのか、単行本は既に持ってるのかなどわからない点が多いのがちょっと残念です。
現在存在を確認している商業作品で未入手なのが画像のラブスポCOMIC1号収録の「似合う?」で、来年はこれが手に入ればと願ってます。

サークルカット


もうすぐコミックマーケット81が開催されますが、DASH先生の個人サークル「画乱堂」も以前は参加していました。最後にサークルとして参加したのは2002冬のコミックマーケット63のようです。
画像は1997年夏のコミックマーケット52のものです、モザイクの部分は実際には住所と名前が堂々と書かれてあります、インターネットがまだ普及しておらず、個人情報の扱いが今ほど厳しくなかった時代を象徴しています。
TEAforYOUという同人誌は存在が確認されてますが、サークルカットを見ると改訂版を出していたのかもしれません。

byDASH 作品リスト

現在確認されているDASHの商業作品を一覧にしました。一部の情報を更新しました。掲載誌の発売順に並べています。おしりの気持ちは発表時期が判明してないので便宜的に置いてます。これ以外の作品に関する情報をお持ちの方は報告お願いします。

続きを読む

知りたい事


東京三世社から発売された「まんが哀姫」Vol9(2004年6月号)に掲載された作品。クラスメイトの会話からおなにーという単語を聞いて意味を幼馴染のヒロキに聞こうとするリナ。ヒロキは押しにまけてあとでリナのも見せてもらうことで自分のオナニーを見せることを承諾する。放課後、ヒロキが自分の部屋でおもむろに自慰を始めるとその姿を見たリナは自然に股間をいじり始めてしまう。押さえきれずにヒロキはリナに挿入し射精してしまう。
まんが哀姫での初掲載作品、そして多分これ一本きりだと思う(現在調査中)。以前、おむつの夜が最後のDASH名義での作品と解説しましたが、現時点ではこれが最後ということになります。哀姫に描いてたというのは全然知らなかった。

セーラーふれんど


麻布書店から発売されたセーラーMINT Vol2に収録された作品。ユミのセーラー服を借りて着てみたユウ、やがて勃起してることを見破られて、ユミにリードされながら最後までやってしまう。DASH作品には珍しい女装男作品。初期の作品ゆえに、まだ尿属性すら付与されてないので、中期以降からのファンには物足りないかも。
また、このセーラーMINTはおそらくこの2で終わりと思われる。後に出るアンソロジーのセーラーTEENS(ビデオ出版)が作家の重複から後継紙と思われるが、こちらにはDASHは描いていない。もし3号が存在するという情報をお持ちの方はご一報を

しーしーれもん PLUS


1999年8月発行の同人誌。オフセット誌で表紙込み30ページ、表紙は単色刷り。コピー誌であったしーしーれもん、しーしーれもん1.5、しーしーれもん1.75の再録、加筆修正本とのこと。漫画が3作と、それ以外のイラストが表紙と裏表紙含めて13点。どれも尿関係のイラストで、おむつおもらしや、立ちション、さらには商業誌では描かなかった通常の下着越しのおもらしなどまさにDASH尿作品の決定版。漫画もページ数は少ないものの、商業発表作品に劣らないハイクオリティな仕上がり。コピー誌を単独で集めるのはもうほぼ不可能だと思われるので、この本をみつけたら是が非でも手に入れるのを推奨。個人的にお気に入りは裏表紙の女の子と17ページの教室の椅子でおもらしする女の子。

ぷれぜんと


麻布書店から発売されたセーラーMINTに収録された作品。学校に忘れ物をとりにいった典子が自分が好きな高沢が自分のブルマーを着て自慰をしているのを見てしまい軽蔑し逃げ出す。その夜、典子の家に高沢がブルマーを返しに来て、高沢の謝罪と告白の手紙を読んで自分もそのブルマーを来て自慰をしてしまう。
かなり初期の作品であることは間違いないのだが、この本は初版発行日はおろか、バーコードやISBNコードすら書いてない謎の本、おそらくエロ本専門店などでのみ流通していたものと思われる、そのためいつごろ書かれた作品なのか不明。玄田生のデビュー作とされる文民少女隊の最期が掲載されているので1993年である可能性が濃厚。この作品がDASHの商業デビュー作である可能性も高いかもしれない。

なお、このセーラーMINTには2号が存在し、DASHがその号にも掲載されているという未確認情報もあり、それについて情報をお持ちの方はご一報ください。

おしっこおもらしについて

DASH作品の根幹をなすスカトロと双璧をなすおむつ要素。そのおむつとは切っても切り離せないおもらし、なかでもおしっこおもらしについて考察します。

続きを読む

DASH作品の謎 2

前回と同じく、作中で明言されてないことを考察してみます。

続きを読む

DASH作品の謎

謎というほど大げさなものではなく作中で明言されてないもの

続きを読む

おむつの夜


2003年1月発売のリトルピアス3月号に掲載された作品。一人で留守番する真弓の家に泊まりにくることになった利菜。夜もふけ、寝ようとすると真弓は自分におむつをあててほしいと言い出して利菜にもおむつをつけてもらい就寝。夜中にトイレに行こうとおきた利菜だったが、真弓に引き止められおむつへのおもらしを強要されもらしてしまう。翌朝、ふたりはおむつをあてて登校し、学校でおもらししようと約束する。この作品の最大の特徴はトーンが一切なく、ベタも瞳と一部の影以外全くない。ベッドやカバンなどを斜線で表現してるだけであとは真っ白な仕上がりになっている。手抜きなのか、新しい表現を模索していたのか謎が残る作品。この作品を最後に長い休筆期間に入るため何かあったのかと思わずにいられない。

GIVE AND TAKE


2002年4月発売のミニモン創刊号に掲載された作品。便秘の茜が浣腸を買うのが恥ずかしくてタカシに買いに行かせる。恥ずかしい思いをしたタカシは茜の浣腸する姿を見せることを要求し、しぶしぶ承諾する茜だったが、その姿に興奮したタカシは制止も聞かずに挿入する。そして茜は間に合わずにうんちを排泄する。今までの作品はプレイの一環で浣腸していたが今回は本来の目的で使用するレアな展開。うんちの描写はいつも通りの簡略化されたものだが、便秘で貯まっていたうんちということで多めな表現になっている。熟成されたうんちということを念頭にして読むと味わいが増すのでお試しあれ。黒髪の三つ編み少女のうんちというのもポイント高い。

メガネ

前回の記事のポニーテールキャラまとめのように、今回はメガネキャラの一覧。

続きを読む

ポニーテール

DASHキャラのヘアスタイルに多いのがショートカット、ロング、そして上部で結んだのが多い。あまりレパートリーがないのか、似たようなキャラが多いが、その中で珍しいポニーテールキャラを今回は紹介していきたい。

続きを読む

プロフィール

なし  

Author:なし  
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。